ネットブックが不要になる?15.6型ワイドノートが4万円台で?

最近は、ipadのようなタブレットタイプの
ノートが出てきて、パソコンが要らなくなる
なんて議論もあるが、一方で、値段の安い
パソコンは続々と出てきている。

たとえば、この価格で大型液晶。
こういうものは、まだまだ魅力が高いといえる。



マウスコンピューターによる、Windows 7搭載で15.6型ワイド型光沢液晶を採用した4万円台からのハイコストパフォーマンスノートブックパソコン「LuvBook U600シリーズ」。




主な製品をあげると、
Windows 7 Home Premium。インテル Celeron プロセッサー 900、2GBメモリ、160GBハードディスクを搭載し、チップセットは、モバイルインテル GL40 Express、IEEE802.11 b/g対応無線LANに対応した「LB-U600E」が4万9,800円。

Windows 7 Home Premium、インテル Celeron プロセッサー T3000、2GBメモリ、320GBハードディスク、モバイルインテル GM45 Expressチップセットを搭載した「LB-U600B」が5万9,850円。

Windows 7 Home Premium、インテル Core^(TM) 2 Duo プロセッサー P8700、2GBメモリ、320GBハードディスク、モバイルインテル GM45 Expressチップセット、IEEE 802.11b/11g/11n対応無線LAN(インテル Wireless WiFi Link 5100AGN)を搭載した「LB-U600S」が7万9,800円。

いずれのモデルにも標準で365日24時電話テクニカルサポートサービス、1年間無償保証が付いてくる。

「LuvBook U600シリーズ」は、低価格で高性能を実現したハイコストパフォーマンスのノートPCだ。
インテル Celeronプロセッサー、15.6型ワイド光沢液晶、2GBメモリを搭載し、4万円台からという高いコストパフォーマンスが魅力だ。

また、「LB-U600E」は注文後3営業日以内に出荷可能なスピード出荷が可能というところもユーザーとしてはうれしいところだろう。注文はしたが、2週間以上待つといったこともないわけだ。

「LB-U600B」「LB-U600S」はBTOが可能なモデルであるので、ユーザーの好みでCPUやメモリ、HDDなどのカスタマイズが可能となっている。

今、ネットブックを利用していて、画像や動画編集を目的に「LuvBook U600シリーズ」を購入という選択肢もありうというわけだ。


posted by net at 16:07 | TrackBack(0) | ネットブック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生にピッタリなネットブック

ネットブックもたくさん出てきて迷うところですが、
学生にピッタリのネットブックとして
こちらが話題になっています。

FMV-BIBLO LOOX M/D10


LOOXを育てた富士通の「安心」Netbook便利なアプリケーションがプリインストールされているのも富士通のパソコンの特徴。

特にFMV-BIBLO LOOX M/D10で驚くのは、
なんと全14種類もの電子辞書が利用できること。

スペックとしては他のネットブックと同様ですが、
辞書たくさん持って歩く訳にはいかないです。
そこで電子辞書になった訳ですが、
レポート書くには最適。

これで実売5万円台って迷う必要ないですね。
posted by net at 21:45 | TrackBack(0) | ネットブック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットブックでゲームもブルーレイもOK?

パソコン業界に一大センセーションを巻き起こしたネットブック。その人気は今も衰えるどころか、いっそう拍車が掛かっている。パソコンメーカー各社も単に安いだけでなくデザインや操作性などを向上した製品の投入にシフトし始めた。

ネットブックの魅力はなんといっても低価格な本体だが、高度なグラフィックス処理が必要な3Dゲームを楽しむのは苦手だ。

そんなネットブックの世界が、今、大きく変わろうとしている。Atomとビデオアクセラレーターチップをあわせた「NVIDIA IONプラットフォーム」(以下ION)採用の低価格なパソコン「AspireRevo」が発表されたのだ。

■ネットブックをスーパーにする「ION」ってなんだ?
IONとは、高機能なビデオチップを提供するメーカーとして知られるNVIDIAが提供するプラットフォーム「NVIDIA ION graphics processors」だ。

パソコンメーカーはIONを導入することで、高性能なパソコンを安価に作れるというメリットがある。


■IONのすごさは、高速グラフィックスだ
ネットブックが3Dゲームに向かないのは、ビデオアクセラレーターチップを内蔵していないからだ。とはいえ、現行のビデオカードに採用されているチップはそれ自体が高価であり、プラットフォーム的にもネットブックに搭載するのは難しかった。

IONは、開発段階から低価格なパソコンを視野に入れているので、メーカーは自社のパソコンに安価に導入できる。ネットブックで実績のあるAtomプロセッサにビデオアクセラレーターチップ(GeForce 9400M G)を組み合わせているので、ネットブックにも導入しやすいというわけだ。


■IONでこれだけ変わる
IONを採用したエイサーの小型パソコン「AspireRevo」では、オンボードのビデオチップと比べて5〜10倍のパフォーマンスがあるとしている。

さらにブルーレイソフトやハイビジョンで配信される映画の再生を可能にするうえ、ストリーミングで配信されている動画や携帯電話で撮影した動画を高画質で再生する機能を備えているという。

■IONが作るパソコンの未来
ION採用の「AspireRevo」は、OSにWindows Vista Home Premiumを採用した低価格なデスクトップパソコンとして発売される予定。高機能なグラフィックスによりWindows Vistaの3D機能をフル活用できるうえ、DirectX 10対応のゲームもサポートする。

パソコンで3Dをスムーズに処理するためには、高性能なCPUとビデオカードを搭載した大きなデスクトップパソコンを必要としてきたが、IONの登場により弁当箱サイズのデスクトップパソコンでもストレスなく3D処理を可能とする製品を投入できるようになる。IONは低価格パソコン向けのプラットフォームなので、ネットブックに採用されるのも時間の問題といえるだろう。

posted by net at 15:00 | TrackBack(0) | ネットブック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。