家電量販店のうまい使い方

家電の激安戦争が過激になりつつある。

従来は郊外型で展開し、2兆円の売り上げを
上げていたヤマダが都心へと進出してきた。

一方で、さくらやがなくなり、
都内ではビックとヨドバシがにらみ合いをしているが、
この家電量販店で、買い物をする際、
どの店を選ぶのがよいのだろう。

よく、家電量販店で「他店より1円でも高かったら店員に言ってください!」という内容の張り紙があったり、アナウンスが流れていることがある。

そういえば安くしてくれるかも!? という期待に胸をふくらませて、「あっちの店のほうが安かった!」と言ったことがある人もいるだろう。

しかし、どんな商品でも他店より安くしてくれるわけではないようだ。たとえば、こんなケースは安くしてくれないことが判明している。その例は以下のとおりだ。


<他店より高くても安くしないケース>

・他店がバーゲン価格である

他店が公表している価格がバーゲン価格場合、通常価格ではないことから、いくら他店が安くても、その価格より安くしてくれることはない。あったとしても稀である。その稀なケースというのは、こっちの店もバーゲン中であるにもかかわらず、他店のバーゲン価格より高額な場合だ。バーゲン価格 VS. バゲーン価格 で負けているときのみ有効ということだ。

・他店がインターネットショップである

インターネットショップは店舗をもたないことから、通常のリアルな店舗よりもコストがかかっていないため、かなり安い価格で販売することができる。そんな店に価格で張り合っていたら、赤字になってしまうというわけだ。しかし、インターネットショップでも店舗があり、店頭で受け取れる場合はその限りではない。

・原価割れしている

仕入れ価格よりも安くなっているものは、いくら他店が安くても仕入れ価格より値引きしてくれない。

たとえば家電量販店で26,800円で売られている空気清浄機が他店で19,100円だったので、これで実際に試してみたところ、「どうやってこのお店が仕入れているかわかりませんが、原価を完全に割っている(仕入れ価格より下の価格になっている)ので、うちでは25000円が値引きの限界です」と言われてしまう。

原価割れの価格でショップが売っている場合、倒産した店から安く買い取っている場合や、問屋が見切りをつけて損を覚悟で卸している可能性がある。そんな場合は、いくら他店より高くても値引きできない。

しかし、よくよく考えてみると家電量販店は「他店より1円でも高かったら店員に言ってください!」とは言っているものの、「安くします」とは断言していないわけだ。

極端な話、「あっちの店はもっと安かった!」と言ったとしても「そうですかー」と返されて終わりの可能性もあるのである。

ただし、念のため言ってみる価値はある。

どうしても欲しいものを、できるだけ安く購入するためのテクニックを覚えておけば、この不況の時代を乗り越えることができるかもしれない。


posted by net at 00:45 | TrackBack(0) | ネットブック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深刻な状態 恐怖Gumblarの正体と対策

「Gumblar」の正体は? これまでのウイルスとの違いは?
 「Gumblar」は、私たちが普段利用するソフトの脆弱性をついて、トロイの木馬などのマルウェア(悪意のあるソフトウェア)をダウンロードさせる「攻撃」のことをいう。ウイルスに感染するプログラムが埋め込まれたウェブページを閲覧するだけで感染することから、現在広い範囲で被害が出ている状況だ。この攻撃の厄介なところは、「手元のパソコンがウイルス感染する」だけでなく、「そのパソコンで更新したウェブサイトを改ざんされてしてしまう」ところだ。ウェブサイトの更新担当者のパソコンがこのウイルスに冒されると、管理するサイトがウイルスを散布する存在となり、一気に広まってしまう危険性がある。

「Gumblar」によるウイルス感染が広まった理由は?
 被害がここまで拡大した理由として、「多くの人々が閲覧する大企業のウェブサイトがウイルス感染してしまったこと、ゼロデイ攻撃が使われたことが大きい」という。ゼロデイ攻撃とは、セキュリティホール(=ソフトウェアの弱点)の修正プログラムが提供される前に行われる攻撃で、被害が拡大しやすい特徴がある。「ソフトウェアを最新にアップデートしておく」、「ウイルス対策ソフトを導入する」という従来型の対策をしていても、ゼロデイ攻撃は防げないという。

「Gumblar」に感染しないための予防法は? 感染してしまったら?
 今回のケースのように新しいゼロデイ攻撃が発見されると、利用者本人が暫定対応を行う必要があるため、「情報には常に注意を払っておくことが大切」だという。現在のウイルスは短期間で形を変え続けるので、ウイルス対策ソフトはあくまでも保険的なものと考えておくべきだ。最も大切なのは、ソフトウェアを最新にアップデートしておくことだ。ちなみに、読者の多くも利用していると思われる「Adobe Reader」は、ゼロデイ攻撃の修正プログラムを既に出しているので
(手順1)メニューのヘルプ (H)
(手順2)アップデートの有無をチェック (U)
をクリックして更新しておくことをおすすめする。

 それでも万が一感染してしまった場合には、パソコン内の情報が盗まれたり、他のパソコンを攻撃するのに利用されたりするので、まずはネットワークケーブルを引き抜いて通信を遮断し、被害の拡大を防ごう。その後、OSを再インストールするか、ウイルス対策ソフト会社が出している駆除ソフトを使ってウイルスを駆除すること。しかし、それだけでは不十分だ。ウェブサイトが改ざんされている可能性があるか否かを確認し、FTPのパスワードが盗まれている可能性があるため、駆除後はすぐにパスワードを変更しよう。

posted by net at 21:37 | TrackBack(0) | ネットブック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリンターはもう要らない時代なのか?

ネットブックで値段を据え置いても
プリンターで高くついた……なんていう話だと
なんとも本末転倒だが、プリンターはいまどき
要るのか要らないのか?

そんな疑問について紹介しよう。

▼いまや1万円以下で買える高性能プリンターの是非



最近はカラープリンターを持っている人が増えているようだが、撮る度にプリントするほど使用頻度は高いのだろうか? という疑問がある。たまにプリントするときれいに印刷出来ず、まだ残っているインクを交換するハメになった人もいるのではないか。しかも、このインクが結構イイお値段なのだ。これはプリンターを安く売ってインクなどの消耗品で儲ける“まき餌ビジネス”だからだ。

私はここ10年ほどプリンターを買っていない。年に数回しかプリントしないならば、ネットプリントサービスを活用した方が安上がりな上、最近までは年を追うごとに画質が劇的に向上していたからだ。画質が安定してきた現在であれば、作品作りで画質にこだわったり、正式プリント前の色見本を作成するなら、自宅にプリンターがあるほうが便利だろう。

今回は富士フイルムの「ネットプリントサービス」を例に、どのような設定が良いかを説明する。カメラ量販店やポータルサイトのネットプリントサービスも、このOEMであることが多い。

プリントの色が思い通りにならない

プリントに必要なデータサイズは、一般的な写真のサイズである「L判」の場合、長辺が1600ピクセル以上あれば問題ない。「A4」や「六切」に伸ばす場合は、長辺3000ピクセル以上が目安だ。Picasaでは、写真の下にあるブルーグレーの帯に、白い文字でピクセル数が表示される。

ネットプリントで気になるのは、思い通りの色になるかだろう。プリントを見たらデジカメやパソコンのモニターで見た色味と違った経験もあるのでは。原因はモニターが正しい色で表示されていない場合が考えられる。特に少し前のノートパソコンでは、青みがかった機種もあるので注意が必要だ。Windows付属のメモ帳やWordを立ち上げて、白い用紙の部分が純白に見えていれば、ひとまず大丈夫だろう。

自分で色味を補正している場合は注意が必要だ。デジカメで撮影した写真には「Exif」という撮影情報が記録されている。通常、ネットプリントではこのデータを参考に補正を行ってプリントするので、撮り手の意図通りにならない場合がある。どうすれば思い通りの色でプリント出来るのだろうか?

色補正とフチの有無

撮ったままプリントする場合は、ネットプリントを注文する際に、「色補正」の項目を「自動最適化」(色補正あり)にする。自分で補正した場合は「色補正なし」にすれば、プリント時の補正は行われない。色補正を自分で正しくできるか心配な人は、トリミングだけ行って色補正はおまかせという方法もあるだろう。

フチの有無も意外と大切だ。「フチなし」の場合、用紙いっぱいにプリントされるが、元の画像データより一回り小さい範囲がプリントされる。画面の端まで出したい場合など、データと同じ範囲をプリントするには、「フチあり」を選択したほうが良い。

このように、ネットプリントでも設定次第で自分の意図通りの写真をプリントすることは可能だ。使用頻度が高くなるまでは、プリンターを購入リストから「引き算」するのも一考ではないだろうか。
プリンターって必要なの?=写真は引き算で考えよう
posted by net at 12:30 | TrackBack(0) | パソコンお得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。