ポメラとEvernoteが連動する便利さ

小型で持ち運びに便利なスタイルを確立したポメラ。

まさにデジタルメモ。

モノを書く、メモを取る。パソコンや
ネットブックよりも小型で、いろんなシーンで活躍できる
ポメラが、Evernoteと連動することでさらに便利さを最近増した。



『ポメラ DM20』で表示するQRコードを読み取る『iPhone』アプリ
『ポメラQRコードリーダー』がバージョンアップし、『Evernote』に対応しましたのだ。

バージョンアップ版のアプリの無料配信はすでに9月29日より『App Store』にて配信中。


こちらで表示するQRコードを『iPhone』で読みとるアプリ
『ポメラQRコードリーダー』は、2010年6月に配信を開始。

『ポメラ D20』で作成した文章から作成した連結QRコードを読みとることで、『ポメラ』で作成したテキストをメール添付や『Twitter』投稿に利用できるようになった。

今回のバージョンアップでは、さらに『Evernote』に対応。

ボタンひとつで、文章を『Evernote』にクリップすることが可能になり、『ポメラ』『iPhone』『Evernote』の連携による文書作成・管理をスムーズに行えるというわけだ。

『ポメラQRコードリーダー』は、『ポメラ DM20』で作成した連結QRコードに
最大16個(全角3200文字)まで対応している。

読み取りに成功するとバイブレーションで通知し、
連結QRコード番号を表示する。

読み取ったQRコードは最大200件まで履歴として保存され、100件まで保護することも可能なので、
後でテキストの確認をしたいときにも便利だ。

ちなみに対応機種は『iPhone 3GS/4』。
※残念ながら3Gには対応していない。

この便利さはぜひ体感すべきだろう。




タグ:ポメラ
posted by net at 23:04 | TrackBack(0) | ガジェット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。